検査受付~費用まで

胃カメラ予約なしで当日に検査を受けていただけます。お電話やインターネットによる事前予約も行っています。〕

 当日検査をご希望の方は、当日の混み具合により、お待たせしたり、検査が難しい場合もありますので、お電話でご確認いただければ助かります。022-342-1537

午前の検査は、前日21時以降のお食事はお控えください

午後の検査は、昼食をとらずにお越しください(食べない時間が6時間以上空いていると検査がスムーズです)。

水分は透明なものであれば検査当日も適度にとっていただいて構いません

経鼻内視鏡・経口内視鏡どちらも選択できます

当日検査や事前予約の方は来院後に診察し、その日の体調や内服薬の確認後の検査となります。       

常用薬のある方は、「おくすり手帳」をお持ちください。糖尿病の方などは、当日中止しなければならない薬もありますので、あらかじめ電話にてお問い合わせください。 

大腸カメラ予約なしでの当日検査が可能です

午前の早い時間に検査をご希望の方は前処置(腸管洗浄剤のお渡しなど)の都合で1度来院頂き検査の予約を取っていただいておりますが、それ以外の時間帯は予約なしでの当日検査も行っております。

※予約なしで当日検査をご希望の方は、当日は朝食は取らずに午前中早めにご来院下さい。


検査前日の食事に関しては、昼食から消化の良いもの(うどん、軽めのおかずなど)を食べてください。便秘の強い方など心配な方は大腸検査食(クリアスルー食:1日分で1,200円程度)を受付で販売していますので、あらかじめ購入してください。水分は検査当日も適度にとっていただいて構いません。

※腸管洗浄剤(下剤)は検査の約3~4時間前から開始して頂きます。

※下剤は(持ち帰って)自宅で飲んできていただいても、院内スペースを利用して飲んでいただいてもどちらでも構いません。

※液体の腸管洗浄剤が苦手な方は、水やお茶と一緒に飲む錠剤のほうもお選びいただけます。

常用薬のある方は、「おくすり手帳」をお持ちください。血糖を下げるお薬を飲んでいる方は、当日中止しなければならない薬もありますので、あらかじめ電話にてお問い合わせください。

安定剤・鎮静剤の併用に関して

ご希望される方には軽い安定剤を用いての内視鏡検査も行っています。検査後1時間前後、リカバリールームで安静による経過観察後のご帰宅になります。また、当日は眠くなることもありますので検査後の自動車や自転車の運転はできないため、ご来院には公共交通機関などのご利用をお願いしています     

開院が2017年10月であったため前年度発行されている案内には掲載されていませんが、当院は市の胃・大腸がん内視鏡2次検診の登録機関になっております。

 検査費用(胃カメラ) 初診・再診料は含まれておりません(※1)


1割負担

2割負担

3割負担

内視鏡検査のみ

1,200円前後

2,300円前後

3,500円前後

  + ピロリ菌検査(※2)

+ 500円前後

+ 1,000円前後

+ 1,500円前後

  + 病理組織検査(※3)

+ 1,300円前後

+ 2,600円前後

+ 4,000円前後

※1:初診の場合は、別途850円(3割負担の場合)、再診の場合は別途220円(3割負担の場合)が必要となります。

※2:ピロリ菌検査には主に「尿素呼気試験」または「迅速ウレアーゼテスト」を利用しています(どちらも当日に結果を説明)。

※3:病理組織検査は胃や食道の組織を一部採取して、炎症の程度やがん細胞が含まれていないかどうかなどを顕微鏡で詳細に調べます(当院では主に宮城県対がん協会、江東微生物研究所に診断を依頼しています)。必要と判断したときのみ行います。採取した臓器数(食道・胃・十二指腸)で料金が前後します。また、診断に必要な染色法などを行った場合には別途数百円程度(3割負担の場合)必要になります。  

※4:安定剤を使用する場合の追加料金の目安としては3割負担の方で1,000円程度になります(薬剤、点滴料、酸素使用料などが含まれます)。 

※5:服用中の薬や治療中の病気、当日の健康状態などにより、このほかに事前の採血が必要になることもあります。

 検査費用(大腸カメラ) 初診・再診料は含まれておりません(※1)


1割負担

2割負担

3割負担

内視鏡検査のみ

1,600円前後

3,200円前後

4,800円前後

内視鏡検査+病理組織検査(※2)

3,000円前後

5,800円前後

8,800円前後

+大腸ポリープ切除 1臓器~3臓器(※3)

+6,000~10,000円前後

+12,000~20,000円前後

+18,000~30,000円前後

※1:初診の場合は、別途850円、再診の場合は別途220円(3割負担の場合)が必要となります。また前処置の下剤に別途1,000円前後(3割負担の場合)必要となります。

※2:病理組織検査では大腸の組織を一部採取して、炎症の程度やがん細胞が含まれていないかどうかなどを顕微鏡で詳細に調べます(当院では主に宮城県対がん協会、江東微生物研究所に診断を依頼しています)。必要と判断した場合のみ行います。採取した場所と個数で料金が前後します。また、診断に必要な染色法などを行った場合には別途数百円程度(3割負担の場合)必要になります。

※3:大腸内視鏡検査時に大腸ポリープを切除した際は病理組織検査を行い、がんが含まれていないかどうかや、ポリープが完全に取りきれているかなどを顕微鏡で詳細に調べます(当院では主に宮城県対がん協会、江東微生物研究所に診断を依頼しています)。ポリープ切除は、切除したポリープの大きさと場所(臓器数:直腸、S状結腸、上行から下行結腸)により料金が前後します。

※4:大腸ポリープを切除した際は「内視鏡手術」扱いとなります。民間の保険に加入している方で条件を満たす場合には給付金の受け取り請求が可能ですので、費用の負担が少なくて済みます。   

※5:安定剤を使用する場合の追加料金の目安としては3割負担の方で1,000円程度になります(薬剤、点滴料、酸素使用料などが含まれます)。 

※6:服用中の薬や治療中の病気、当日の健康状態などにより、このほかに事前の採血が必要になることもあります。   

  

当院の内視鏡室 及び 洗浄システムのご紹介

検査中はリラックスした雰囲気のなかで出来るだけ不安なく検査を受けていただけるようスタッフ一同努めています。

検査は最新の機器を使用し、検査ごとに適切な内視鏡洗浄・消毒を行っていますので、安全、安心して検査を受けていただけます

検査は院長(日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、宮城県対がん協会胃集検診断委員)が担当させていただきます。  

各検査ごとにガイドラインに基づいた高水準な内視鏡洗浄と消毒を行っています

●内視鏡洗浄・消毒室 

「消化器内視鏡の洗浄・消毒ガイドライン」に基づき、専用の洗浄室を設け、検査室とは別室で十分な換気ができる環境で内視鏡の洗浄・消毒を行なっています。

専用の洗浄シンク、最新の内視鏡洗浄システムを使用し、検査ごとに適切な洗浄および高水準消毒を行い、内視鏡検査による患者間の交差感染を防止しています。

※内視鏡自動洗浄・消毒装置を用いることで、消毒薬への接触機会を可能な限り減らし、窓の開放や洗浄機排気口付近の低い位置(消毒薬の蒸気は空気より重いため)に強力な換気装置を設置するなど、消毒薬の暴露防止対策も行いスタッフの健康・安全面にも配慮しています。   

【休診日】

土曜日・祝日・水曜日午後・日曜日午後

日曜日の診療は午後2時まで診療

ブログ
医院名
いずみ野村ファミリークリニック
院長
小西 秀知
住所
〒981-3124
宮城県仙台市泉区野村字桂島東1-5
診療科目
内科・消化器内科・内視鏡内科・糖尿病内科・小児科(3歳~)
電話番号
022-342-1537