糖尿病について

糖尿病は高血糖状態が慢性的に続くことで自覚症状がないまま血管障害などの合併症が進行し、『のどが渇く、頻尿、疲れやすい、痩せてきた』などの症状が出た時にはすでにかなり進行しているという、非常にこわい病気です。

健診で糖尿病予備軍と指摘をうけた方にも、合併症の血管障害がはじまっているともいわれ、早期の診断と治療がとても大切になってきます。

近年、糖尿病の治療に関しても新薬が次々と発売され、膵臓をできるだけ保護する方向にいくなど、大きく変わっています。

生活習慣病高血圧

糖尿病治療に関しては、食事、運動療法をはじめとして、内服薬、そしてインスリンなどの注射薬があります。様々な組み合わせがありますが、患者様それぞれの病状や生活に合わせた治療を選択していきます。

食事や運動、内服薬やインスリンの選択・調整に関して、入院管理での経験談を交えてお話しします。

検査で重症の糖尿病とわかった場合には、通常は入院してインスリン注射を用いた強化インスリン療法という治療を行います。このような患者さんは高血糖状態が長く続いているため、インスリンを出す膵臓のほうもかなり疲れてきていて、体の中に悪循環が生じ、なかなか血糖が下がりにくくなっています。疲れた膵臓を休ませ、この悪循環を断ち切るため、1日4回ほどのインスリンを注射し体の外から補充してあげます。

興味深いことにこの強化インスリン療法を行っていると、ある時を境に症状が消失したり、血糖の値が良くなってきたりと、今までかかっていた霧のようなものが一気に晴れたようになることがあります。この状態になることを『糖毒性の解除』と言ったりしますが、治療面ではこのあたりをさかいにインスリン注射の量を減らしていくと同時に、退院を考えてライフスタイル(生活習慣)に合わせた内服薬をはじめたり、調整したりしていきます。

つまり、高血糖状態、糖毒性という悪循環の霧が晴れた状態で初めて、必要な治療が見えてくるといったイメージです。場合によっては、そのままインスリン治療をやめられるケースもあります。内服薬の調整は入院管理のなかで行いますので、その薬の効き方、副作用など毎日細かに観察できるため、内服薬の効果をある程度イメージできるようになります。また入院では糖尿病教育や食事・運動療法などいろいろなことを行います。

糖尿病患者さんの管理に関してはこの入院管理が基礎となっているところも多く、普段の外来診療にも役立てさせて頂いております。

糖尿病インシュリン注射

当院では、ある程度進行していて入院が必要といわれたが、仕事が休めないなどの事情があって入院できないという方にも、入院と同じような方法で(低血糖など起こさないよう安全に行うため少し時間がかかりますが)外来でのインスリン導入など安全な範囲で通院治療を行っています。※インスリンを使用する場合は、高血糖状態の悪循環を解除するための一時的な手段ですので、悪循環が解除されれば、やめて内服に切り替える方向に考えます。インスリンはやめることも可能ですし、ずっと続けなければならないというわけでもありません。


 血糖値は血圧のように気軽に自宅では測れず、なかなか実感もわきません。このため、『数値もわからないし症状もないのになぜ薬を飲まなければならないのか』と困惑されることも多いかと思います。

繰り返しになりますが、糖尿病はある程度進行するまで症状が出ることはなく、知らないうちに様々な合併症も進行し、気づいたら引き返せなくなっていることが多いとても怖い病気です。

症状もなく経済的負担も生じてくることからも、治療を継続していくのは簡単なことではありませんが、後から取り返しのつかないことにならないよう、出来るだけ無理なく、ご要望に沿った治療を一緒に考えご提供できるよう努めていきたいと思います。

さらに、大まかでもいいので糖尿病に関しての知識や理解があれば、治療の目標も見え、やる気や積極性も生まれてきますし、良いことがたくさんあります。そこに少しでもお役に立てればと思っています。

健診で血糖値が高かった方や予備軍と指摘された方、下記の症状があり糖尿病がご心配の方

●のどが渇いて、頻尿がある ●疲れやすい ●痩せてきた●身近な血縁者に糖尿病があり心配

また、治療に関するご相談のみでもお待ちしてますので、どうぞお気軽にいらしてください。

当院での糖尿病治療例(2017年10月~)

当院では、患者様の生活習慣に沿って、まずしっかりとすい臓を休ませてその回復の可能性を十分に引き出してあげること治療の出発点としています。重症の患者さんで治療開始時にやむを得ずインスリンを使用する場合は、それが最善の方法である場合に限り使用し、原則、時的な使用で済ませられるようにしています。以下に一部ですが当院での治療症例をご紹介させて頂きます。

※インスリン導入については、重症で入院加療を勧めるも、家庭や仕事の事情で入院できなかった患者様に十分な説明のうえ行っています。インスリン導入中も受診の頻度は2~6週に1回に留めるようにしています。また、低血糖には十分留意し、血糖の調整が必要な期間には11回の電話連絡をお願いし、24時間いつでも連絡が取れる形で対応しています。     

症例① 40代 女性

来院時ヘモグロビンA1c値 15.0 →外来でインスリンを導入し、すい膵臓を十分に休ませる(仕事、日常生活可。次回3週後に受診)→低血糖など合併症なく経過→約3週間後にすい臓の機能が改善→大事をとって2か月後にインスリン終了→受診から8か月目。内服のみでヘモグロビンA1c値 5.5%と安定

コメント:病気に対してよくご理解いただき頑張られた結果、劇的に改善されました。決して体にも負担の無い治療ではありますが、すい臓の力が残っていてそれを十分に引き出せれば、重症でも十分に良くなる可能性があります。

症例② 30代 女性 

来院時ヘモグロビンA1c値 14.0 →外来でインスリンを導入し、すい膵臓を十分に休ませる(仕事、日常生活可。次回2週後に受診)→低血糖など合併症なく経過→2週後にすい臓の機能改善→大事をとって1か月後にインスリン終了→受診から9か月目。内服のみでヘモグロビンA1c値 5.5%と安定

コメント:症例①同様です。

症例③ 40代 男性 

来院時ヘモグロビンA1c値 13.8 →内服薬で一か月ほどすい臓を休ませ(仕事、日常生活可。1か月後に受診)→低血糖など合併症なく経過→専門病院で約1週間の教育入院→すい臓の機能改善→受診から12か月目。内服と週一回の注射薬でヘモグロビンA1c値 6.1%に安定

コメント:お仕事のお付き合いなどで外食が多くどうしても不規則な食生活になってしまうことから、現在の治療を選択しています。しかしデータは6.1%まで改善していて糖尿病治療は無理なく非常にうまくできているケースです。

症例④ 50代 女性 

来院時ヘモグロビンA1c値 14.3 →外来でインスリンを導入し、すい臓を十分に休ませる(仕事、日常生活可。次回3週後に受診)→低血糖など合併症なく経過→1か月後にすい臓の機能改善→受診から9か月目。内服とインスリン1回のBOT療法でヘモグロビンA1c値 7.1% 改善中

コメント:糖尿病歴が長く、すい臓の機能回復にある程度の限界があると考えますが、ご本人にとっては無理のない治療であと一息で7%を切れるところまで来ていて、今後も無理なく続けられるご様子でした。

症例⑤ 40代 男性 

来院時ヘモグロビンA1c値 11.3 →外来でインスリンを導入し、すい臓を十分に休ませる(仕事、日常生活可。次回2週後に受診)→低血糖など合併症なく経過→2週後にすい臓の機能改善→大事をとって1か月後にインスリン終了→受診から5か月目。内服のみでヘモグロビンA1c値 6.3%に安定

コメント:重症になる1歩手前でしたが、糖尿病についてよく理解され頑張っていただいています。もう少しで内服薬の減量も考えるところまできました。症状はなく健康診断で初めて指摘されたという方にこのようなケースが多くみられます。

症例⑥ 40代 男性 

来院時ヘモグロビンA1c値 10.5 →3か月を目標に生活習慣の改善と内服薬のみでの治療をすすめたが、患者様がインスリンを希望され導入(仕事、日常生活可。2週後に受診)→低血糖など合併症なく経過→2週後にすい臓の機能改善→大事をとって1か月後にインスリン終了→内服のみで現在1年が経過、ヘモグロビンA1c値 5.3%と安定

コメント:少し面倒でも初めにしっかりとした治療を選んでいただいたことで、その後の伸びも目覚ましく現在の良好な状態を無理なく維持していけているものと思います。

症例⑦ 60代 男性 

来院時ヘモグロビンA1c値 10.3 →3か月を目標に生活習慣の改善と内服薬のみで治療開始(仕事、日常生活可。次回3週後受診)→低血糖など合併症なく経過→2週間ですい臓の機能改善→大事をとって1.5か月後にインスリン終了→受診から3か月経過、ヘモグロビンA1c値 5.8%、改善中

コメント:頑張って治す期間を3か月と決めて積極的に取り組まれました。その結果体調も良くなりデータも改善されました。すい臓の疲れも十分取れてきたようですので、今後は少し緩めても良い結果を維持していけると思います。

症例⑧ 30代 男性 

来院時ヘモグロビンA1c値 10.1→外来でインスリンを導入し、すい臓を十分に休ませる(仕事、日常生活可。次回2週後に受診)→低血糖など合併症なく経過→1週間ですい臓の機能改善→2週後にインスリン終了→受診から1.5か月目、ヘモグロビンA1c値 6.9%に改善→その後も順調に経過し→受診から4か月目、少量の内服のみでヘモグロビンA1c値 4.9%まで劇的に改善→近いうちに内服を終了し運動・食事療法のみで経過観察へ。

コメント:患者様ご本人より、すい臓を休ませるためもう少し内服を続けたいとのご要望がありました。病態を良く理解されて頑張られた努力が実を結んだ結果だと思います。

症例⑨ 60代 女性 

来院時ヘモグロビンA1c値 6.5(空腹時血糖129mg/dl→糖尿病と診断。初期と考えられたため、治癒を目標に生活習慣の改善と内服薬1剤で治療開始(仕事、日常生活可。46週に一回の受診)→1か月後にすい臓の機能改善6.1%↓→半年後5.3%まで改善→その後5.2%に安定したため11か月で内服を終了。→内服終了から3か月が経過するが運動・食事療法のみでヘモグロビンA1c値 5.3%と安定(治癒と同等)今後はご希望に沿って13か月に1回の受診

コメント:今回の治療を通じて生活習慣の見直しもでき、糖尿病とは程遠い状態まで改善されました。患者様も頑張られた分ご満足のいく結果になられたと思います。

あるところまでの改善は見られるものの今一つ伸びが良くないといった場合には、『高度の肥満で減量が難しい』、『仕事や付き合いで生活習慣の改善が難しい』、『お酒を減らせない』、そして『長年の糖尿病歴ですい臓の機能回復に限界がある』などの理由が潜んでいます。このような場合どんなに頑張っても限界があるところもありますが、合併症が進まない(ヘモクロビンA1cが7%を下回る)範囲で治療を続けられることを目標に、患者様に合った無理のない治療ができるよう努めています。

このほかにも、多彩な糖尿病治療薬の中から、患者様に合ったお薬の組み合わせを探し、経済的負担も最小限に抑えてあげられるよう考えて診療にあたっています。また、必要な場合には当院の管理栄養士さんのお話で糖尿病という病気の知識をさらに深めて頂き、生活習慣の改善にお役立ていただいています。


高血圧について

準備中です

高脂血症について

準備中です

【休診日】

土曜日・祝日・水曜日午後・日曜日午後

日曜日の診療は午後2時まで診療

ブログ
医院名
いずみ野村ファミリークリニック
院長
小西 秀知
住所
〒981-3124
宮城県仙台市泉区野村字桂島東1-5
診療科目
内科・消化器内科・内視鏡内科・糖尿病内科・小児科(3歳~)
電話番号
022-342-1537